クレジットカードのレストラン割引の付帯サービス

クレジットカードを使うとレストランなどでの食事の料金が割引になる付帯サービスがあります。これはよくあるようなクーポンとは何が違うのか?と思うかもしれませんが、基本的には性質は変わらない場合も多いです。しかし、クレジットカードの付帯サービスとして利用する場合には、そういったよくあるクーポンと比べて割引率が高い場合が多いと思います。したがって、クレジットカードを利用してそういったレストランでの割引を受けた方がより得ということも言えるのではないでしょうか?だからこそ、外食とかをよくする人にとってはかなりお得なサービスだと思うので、多くの人に知っておいてほしいクレジットカードの付帯サービスの1つになると思います。

クレジットカードが便利だなと思う時

世の中の皆さんが、一般的に初めてクレジットカードを持つのは何歳くらいなのでしょうか。私は留学を控えていたこともあったのでそれをきっかけに作らざるを得ませんでしたが、普通に今まで現金のみで生活をしてきた学生にとって、急にはカードを持つ必要性を感じないように思います。徐々に社会に出てお金を扱う機会が増え、カードを持っていないと不便だなと感じ始めたらようやく作るという感じなのでしょうか。日本に帰ってきてからは私がクレジットカードが便利だなと思うのは大きな支払いをしなければならない時と、通販で買い物をする時です。通販はスマホがあれば簡単に購入できるので、今ではクレジットカードのありがたみを感じますね。

人気の国際ブランドでクレジットカードを選びました

クレジットカードを作るときにまずはどのブランドにしようか考えました。そうするとアメックスやJCBはなんとなく高級そうな印象があって初めて持つには敷居が高いと感じたから、世界のツートップともいえるVISAとマスターカードのどちらかから選ぶことにしたのです。比べてみるとVISAは銀行のデビットサービスでも利用できるのとCMでのインパクトの違いもあり、私は結局マスターカードにしました。今ではCMのように支払いに使える場所では大体クレジットカードを使っています。それも特別感のある高いお店だけでなく、日常的に使うスーパーやコンビニなどでも同様です。人気のブランドだけあっていろいろなお店で使えて、しかも頻度の多さに比例してポイントもどんどん貯まっていきますし、これからも活躍の場が増えそうです。

クレジットカード会社と提携している企業のクーポンを活用

 クレジットカード会社はさまざまな企業と提携することで、値引きになるクーポンを発行するケースがあります。提携した企業の商品を買うときに利用できるクーポンは、とてもお得なのでなるべく前向きに利用したほうが良いです。 クーポンを使うためには規定されている金額以上を使わなければいけないなど、細かい条件設定があるかもしれませんのでそこは注意が必要です。せっかく利用しようとしても適用外では残念ですので、その確認を怠ってはいけません。また、どのタイミングでクーポンが発行されているのか、クレジットカード会社から送信されるメールマガジンの内容などを、大まかでも良いですからチェックしておくべきです。そうすることで、クレジットカード会社と提携している企業のクーポンを上手に活用できます。

クレジットカードの失敗談

国民に1人当たりにつき3枚は保有しているとま言われているクレジットカード。ショッピングや旅行などの様々なシーンで現金要らずで決済が出来る事は何よりも便利ですね。便利な散在であるクレジットカード故に、失敗した経験をされた方も多いのではないのでしょうか。私も、最近クレジットカードで失敗してしまいました。実は、インターネット系のクレジットカードは1年間に1度も利用していないのに、約2,000円近くの年会費が引き落としされ、無駄遣いをしてしまった事が判明しました。せっかく、別な場面で節約していたのにガッカリしてしまうことも。 また、銀行などの金融機関に行けば、頻繁にクレジットカードの勧誘をしているのは良く目にしますし、インターネットのポイントサイトなどでもクジットカードの勧誘案内メールが来ない日の方が珍しかったりもします。 大掃除の時などに、一度クレジットカードの総点検をしてみませんか。年会費のみだけ掛かっているクレジットカードが意外とあったりしますので、利用していないクレジットカードを整理するだけでも年会費の節約にもなったりしますよ。

クレジットカードの明細は紙媒体もおすすめ

インターネットやタブレット端末の普及に伴って、クレジットカードの明細もネット上で見られるものを利用しているのではないでしょうか。もちろんネット上のものは便利ですし、記録を振り返ることもできるので、メリットは大きいです。しかしながら、クレジットカードを持っているけれど、ネットは苦手、あまりマメに明細をチェックしないという人もいるのではないでしょうか?クレジットカードを利用するときに一番重要なことは、使用した金額をきちんと把握すること。またクレジットカードでのお金の流れを確認しておくことなのです。もしもこれが苦手な人は、ネットでの明細を見ることを辞め、紙媒体の明細を使用することをおすすめします。紙媒体のものは、毎月送られてきますし、くるとすぐにチェックできるので初心者にはおすすめです。

現金よりクレジットカード

現金でお買い物するより、クレジットカードでお買い物する方が絶対お金がたまります。とテレビで見ました。何を買ってどこに出て行ったのか現金だと自分で管理し、いくら使ったか把握しておかないといけません。しかし、クレジットカードは何を買って何でいくら使って、いつ落ちるのかがすぐに把握できます。その上にポイントがすごくたまり、そのポイントを還元できて、現金としても使用することが可能です。今の時代はカード社会なのでほとんどのお店もカードが利用できるようになりました。電車などの公共の乗り物のピタパやイコカなど、光熱費などもカード払いにしておくと月々どのくらい使ったかがすごくわかりやすく把握できます。海外へ行った時にもクレジットカードはお買い物にすごく便利です。現金は治安が悪いところなど危ないのでクレジットカードを使い旅を楽しむのが一番です。

クレジットカードを有効に使う

今日では、クレジットカードを利用する人が本当に一般化してきました。それは、このインターネット社会でネットショッピングも普通になってきているからでしょう。クレジットカード払いは公共料金のみならず、普段の買い物の時にもいたるところで使用するならば、有効にポイントを貯めることができます。わたしはスーパーやコンビニで、もやし一袋やカップ麺一つでもクレジット決済をします。お得なクレジットカードはたくさんありますが、私がメインで使用しているカードはライフカードです。年会費無料で年間50万円以上を使用すれば、ポイントが1.5倍になりますし、誕生月に使用するならば、ポイントはなんと5倍に膨れ上がります。溜まったポイントはギフトカードに交換するようにしています。普通に家計で可能なものはなんでもクレジット払いをするならば、うまくいくならば、年間で1万円分くらいの現金還元は無理なく可能です。

期間限定ポイントがあったけど

私が長年愛用しているエポスカードには、勿論ショッピングの時にポイントが付与されるのですが、その通常ポイントは別に、時々キャンペーン等で期間限定ポイントが貰えるのです。今回もまた500円分の期間限定ポイントがいつの間にか付与されていたのですが、丁度その頃、ジルスチュアートから秋の新作アイシャドウが発売されるので、そちらを購入する際にポイントを使おうと思っていました。マルイのウェブサイトから購入しようと思ったら、何と限定でもないのに既に売り切れていました。再入荷のボタンも無いのでもう販売しないのかなぁと、ちょっと残念です。かと言って、500円分のポイントを使わないのも何だか勿体無い気もするので何かカードで買おうと思います。