取次店について

出版社は日本中にたくさんとあり、その多くが中小企業です。これらの出版社の本を全国の書店に送り届けているのが本の卸売商である取次店で、本の運輸、情報伝達、決済などの機能をもってい ます。 いわば新刊書流通の要になっているわけです。大手二社が取次店業界のシェアの半分を握っていて、出版社はこうした大手取次店と取り引きができないと全国の書店に自社の本を配ってもらえません。 また新刊書店は、取次店が配本してくる本のなかから店に置く本を選ぶしかありません。したが って、売れ筋の本を希望どおり配本してもらえない場合もあり、これが書店にとってもウィークポイント になっているようです。