古本屋の募集

古本屋というものは古本買取という「募集」という行為によって成り立っている商売といえます。古本屋と募集は、切っても切り離せない宿命のような関係性にあるのです。 今後、特定の分野により特化していくことが予想される古本業界のことを考えると、ますます募集という行為の重要性が際立ってくるのではないでしょうか。 まず、特定の分野に関する本を一定の量、集めるのが古本屋の仕事です。そして、一つのジャンルに特化し、古本屋のカラーが出来たとしても、他の本の買取なくしてはお店が軌道に乗る可能性は低いでしょう。つまり、たとえ特定の分野でそれなりの本を揃えていたとしても、他ジャンルの「募集」、古本買取は続けなければいけないということです。 さらに、古本屋は本が売れなければ儲けは一切でないわけですが、お店の本を売り惜しむくらいの姿勢を持ち続け、その間も次の募集に励み続ける古本屋が多いように思います。募集という名の努力を惜しむと、お店の品物はすぐに底をついてしまうからです。品物がない古本屋に立ち寄ろうというお客さんは少ないことは言うまでもないでしょう。 こうした状況から、古本屋と「募集」は切っても切り離せない宿命のような関係性だと考えることができるのです。