古本業界が発展する条件

急速に発展し続けている現代においても、地下鉄が走っていない地域ではなかなか発展していくことは少ないように思われます。そして、古本業界もこの法則があてはまるといえるかもしれません。 古本で有名な地域といえば東京の神保町一帯。神保町の古本屋が反映したことは驚くようなことではなく、むしろ必然といっても過言ではないでしょう。古本業界は扱っている商品を鑑みると、顧客の対象となるのは高度な知識階層といえます。そのため、インテリと呼ばれる人が多く集まる地域に、自然と古本屋が増えていったのです。神保町と同じような地域に港区や世田谷区、大田区、杉並区、中野区などがあります。そして最近、これらの区に加えて豊島区、北区、練馬区、板橋区などにも同じような状況がつくられつつあるそうです。 下町の人たちの多くは、娯楽を求めて古本屋に集まっており、現在でもその目的は変わっていないように思えます。それは古本買取の時に、本の内容を見ればよくわかると思います。 また、建場廻りなどで出る本や雑誌の内容からも、同じことがいえるでしょう。 お客さんが娯楽を求めているということは、難しい内容の本はあまり売れないと言い換えることもできます。全く売れないわけではありませんが、思ったほど売れないことが多いと考えられるでしょう。