古本業界の発展

スピード化の現代にあって、地下鉄の走らない地域に、発展はあり得ないと常に思っておりますが、いささか古臭い業種の古本業界も、その例外ではないと思われます。神保町一帯の繁栄は期して待つべきものがあり、わたくしども古本業界は、その取り扱う品物の性質からみてかなり高度の知識階層がその対象です。従って知識階層、イン テリと呼ばれる人の多く集まる地域に、古本屋が多いのは当然です。東京で言えば、港区・世田谷区・大田区・杉並区・中野区は、従来からこれに該当するのですが、近来は、 それらの地域に加えて豊島・北・練馬・板橋などの各区に、 その現象が見られるのが目立ってきました。 下町の人達が古本屋に来る大きな目的は要するに娯楽でした。それは今でもそう変っていないと思う。そのことは古本の買入れなどでの本の内容でよく分かることである。また建場廻りなどで出る本や雑誌の内容を見てもこれが分かる。一時、私も生意気盛りの頃は、相当量の硬い内容の本も置いて見たことがある。全く売れないと いうことはなかったが、 やはり思ったほどに動かないのである。