掘り出し物

古本業界において、「掘り出し物」には二つの種類があります。 一つ目は、お客さんから見て掘り出し物という場合です。本の値段にかかわらず、その人にとって価値がある本であったり、長年探し続けていた本であったりといったケースがこれにあたります。また、とある古本屋では高値で売っていたのに、別の本屋では半額以下の安い値段で手に入ったという場合も掘り出し物といえるでしょう。安く手に入ったということはお得であると同時に、ほかの本屋で古本買取をしてもらえば儲けが出る可能性もあります。 二つ目は、古本屋目線での掘り出し物の場合です。と言いながらも、実は古本屋にとって掘り出し物というものは存在しないという考え方もあります。たとえば、他の古本屋では数十万円で売られているものを二万円で仕入れたとしても、それは掘り出し物とはいえないでしょう。平均的な条件で販売し、市場で確実に数十万円の値がつくものを二万円で買う場合、古本業界では掘り出し物という人はほとんどいません。

お客から見て掘り出し物という場合と、古本屋から見て掘り出し物という場合と二通りあります。 お客から見て掘り出し物という時、これまた二つあると思う。 一つは、その本が幾らしようが値 の高い安いに関係なく、「これは掘り出し物だ」とその人が思えた本に遭遇した時である。永年自分がきがしていた本にぶつかった時などで、これは商品価値としては無価値であってもいいのである。もう一つは、古本屋でこんなにしているのにこんなに安く買えた、という場合だ。古本屋があんなに高く売っているのだから、すぐ古本屋に持ち込んでも、またのちに売る時にも、かなりの価格、掘り出した値の何倍何十倍の値で売れるに違いない。こう思える時のことです。古本屋が掘り出し物と言う場合、実はそんなものはないとも言えるのである。お客から、 そして建場などから、そうして最も買ってくる場合の多い市場から、たとは同業者の庖の棚から、何十万円するものを二万円で買って来たとしても、それは掘り出し物ではない。平均的条件で出品し、市場で確実に十万円するものを、外で二万円で買う、あるいは市場の顔ぶれを見て、競争者が全くないなどの好還が重なって二万円になって買う、それを掘り出し物とは誰も言わないです。 古本屋が同業者の間に掘り出し物という時はどういう時か。たとえば、○○という著者 で『○○の家』という本が市場へ出たとする。これを、そこに居合せた同業者が○○の処女詩集とは知らないで取引し、ある一人だけが、もしやの気持くらいあって安く買って見たとする。そして持ち帰って調べて見たら、まぎれもなく○○の本であった。無署名で作家の原稿が市場に出る。これまたもしやの気持で安く買って帰り、調べて見たら某文 豪のもので、それも初期の若書きの筆績だったので誰もそれと分からなかった。これらは、当然買った値など問題なく、高く売れることは間違いない。これが業者における掘り出し物であろう。たとえ自分一人だげでも、確実に高く売れると知っていて安く買えた本、これは掘り出し物ではないのである。