費用対効果

ある程度の古本屋の規模があってはじめて、流通にかかるコストを下げていくことができます。ある程度の古本の冊数がなければ、費用対効果の点で見合わなくな ってしまいます。そこで、数百冊以上なら出張しますという話になるわけですが、大量の本を買い 取るためには、それ相応の器を用意しておかなければなりません。これも経費がかかります。 さらに、古本に関する知識をいくら豊富にもっていたとしても、実際の現場で経験を積んでいかな ければ、それを生かすことはできません。やってみてはじめでわかることも多いはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です