古本屋に向いた土地

いい土地というのは、土地そのものがいいのではありません。周りに何があるかによって、土地の価値が決まります。古本屋をどこで開くかは不動産の知識も必要です。周辺の商店を見てください。  まず、ほかの業種の店には向いてないが、古本屋にだけは向いている場所などというのはありま せん。古本屋は本を売るだけではなく、本の買い取りもするので、買い取りに向いた場所がいいです。 普通の小売店は、よほどの大型店でないかぎり、徒歩で来るお客様を相手に商売をしています。 車での来店があるのは、郊外のスーパーマーケットやショッピングセンターなどの大型店舗だ けです。しかし、本を売りにくるお客様は、小さな古本屋を訪れる場合でも、しばしば車でやってきます。なぜなら大量の本を手で持ってくるのはたいへんなので、車に積んで運んでくるのです。したがっ て、車が進入しやすく、店の前に停めて本の積み降ろしができるくらいの余裕がある場所が、店の立地としてもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です