古本屋を開業するときに考えること

古本屋に限らず、まず開業しようとするときに考えることは、どのように品揃えをするかが問題になってきます。古本屋には問屋やメーカーがないので、すでに構成されているメニューから選ぶ商品構成は不可能です。また、古本屋を始めようとする場合、「文学」、「歴史」、「法律」などジャンルで品揃えをして考える人の多いでしょう。どんな本屋でもジャンル別に区別されていますが、古本屋はジャンル別で分けるのは、得策だとは思えません。古本屋は役所ではないので、間違いが起こらないことよりも、いかにお客様に手に取って、買ってもらえる本棚を作っていくかが重要になってくるのです。古書店が図書館と同じような分類方法で本を並べたら、品揃えも本の配列も全く魅力がないものになっていくことでしょう。当然、売りあげも伸びません。古書店では扱う分野を少し狭くして、テーマを絞って考えていくのがコツです。深く突っ込んでいけば、最後はつながっているので、いつかは、広い範囲の本を扱えるようになります。個人商店である古本屋の品揃えは、一点突破。全面展開方式で行うことが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です