本の定価と、本の中身

本はその感触も風合いも鑑賞の対象となるといえるでしょう。昨今では少数派となりましたが、和紙の箱入りの本や、版面二色刷り、また挿絵等が入った本も減少しました。挿絵で本を楽しむという時代はゆっくりと過ぎ去っていっております。。

 本の装丁も、著名な絵描きがしました。谷崎の本を版画家の棟方志功が 何冊もやりましたし、阿部合成も文芸書をかなりの本の装丁を手がけています。

 

 古本屋は定価をあまり気にしません。定価とは目安に過ぎないのです。宗教や経営の教祖の本、茶道、華道の本などは、定価を採用するととても高価なものになってしまいます。 必ず儲かる秘訣というような怪しい本は、定価が平気で二万、三万もします。それを買った人は本を購入した瞬間にすでに損失を被ることになるでしょう。やたらに活字が大きく、内容の空虚な本でも、儲けるという字を分解すれば信者と書きますが、その信者たちは、大枚を払ってその本を購入してしまうのです。

 本の定価は物価変動と共に上昇を続けました。昭和四十五年までは、ハードカバーの書き下ろし純文学の単行本が四百八十円くらいであったのが、例の石油ショックであっという間に倍の千円近くに跳ね上がりました。現在では、二千円近いものも多いように見受けられます。文庫本でも 千円を越えるものがあり、文庫本で我慢しようという値段ではありません。

 出版社の悪い点は、定価の決定法が、本のコンテンツとは無関係に、コストの積み重ねのボトムアップ式だということになるでしょう。それだから、部数の少ない本は自ずと高くなります。本の価値と定価の関係はないというのが、古本屋の店主の思考です。新刊も古本屋に渡った本が初めて、中身を間われ、真の値段が付けられます。中には定価以上になる本もありますし、五十円の棚に無情にも放り投げら れる本もあります。本の真価が問われるのは、古本屋においてです。過ぎた時代の荒波に残り続ける本だけが、いい本といわれるのではないでしょうか。

 

市場の活用の仕方

市場では、ものによっては数冊から数十冊、ときには数百冊の古本がひとくくりにされて取り引きされるケースがあります。これは、同傾向の古本をまとめて取り引きするほうが効率がいいからです。

つまり、市場では、ある傾向をもった古本をまとめて仕入れることが可能なのです。競争入札になっているので、高く入札すれば何でも仕入れることが可能です。そのようにして、大量の古本を一気に、しかも特定分野の古本を集中的に仕入れることもできるのです。

古本屋に限らず、商店の特徴は、どんな商品をそろえているのかにかかっています。個性ある店作りをするためには、市場を活用する必要があります。一般のお客様から買い取りをしているだけではなかなか実現できない品揃えが可能になるからです。専門分野をもった古本屋にするには、ぜひとも市場を活用しましょう。そのほうが、ー早くから店の品揃えに個性をもたせることができますし、それによって、一般客から持ち込まれる本も同じ系統のものが増えてきて、専門性を打ち出しゃすくなります。ただし、市場に参入する場合は次の点に注意しましょう。まず、ほかの人より高く入札しなければ買えないので、最高値で仕入れることになります。

また、同業者が相手なので、売れ残りをつかまされることもあります。一度売り場で残ったものは、一見売れそうに見えてもなかなか買い手がつかないものです。安く買えればいいでしょうが、売れ残りを誤って高く入札してしまうと、損をする場合があります。

市場に参加することで、相場を知ることができます。けれども相場どおりでは、上手な商売とはいえません。相場とはあくまで「他人の値段」です。それぞれの業者が、顧客からの注文など、独自の根拠に基づいて値段を決めています。したがって、同じ値段で買っても、同じように売れるとはかぎりません。いくら値段をまねしても、それだけでは既存の業者に勝つことはできないことを理解しましょう。

古本屋を開業するときに考えること

古本屋に限らず、まず開業しようとするときに考えることは、どのように品揃えをするかが問題になってきます。古本屋には問屋やメーカーがないので、すでに構成されているメニューから選ぶ商品構成は不可能です。また、古本屋を始めようとする場合、「文学」、「歴史」、「法律」などジャンルで品揃えをして考える人の多いでしょう。どんな本屋でもジャンル別に区別されていますが、古本屋はジャンル別で分けるのは、得策だとは思えません。古本屋は役所ではないので、間違いが起こらないことよりも、いかにお客様に手に取って、買ってもらえる本棚を作っていくかが重要になってくるのです。古書店が図書館と同じような分類方法で本を並べたら、品揃えも本の配列も全く魅力がないものになっていくことでしょう。当然、売りあげも伸びません。古書店では扱う分野を少し狭くして、テーマを絞って考えていくのがコツです。深く突っ込んでいけば、最後はつながっているので、いつかは、広い範囲の本を扱えるようになります。個人商店である古本屋の品揃えは、一点突破。全面展開方式で行うことが望ましいです。

委託販売

新刊書店の特徴として、委託販売があります。新刊書店の本は、原則として出版社に返品することが可能です。 書店に並んでいる本は、大きく二種類に分けられます。 新刊委託は、105日以内に返品すればいいのですが、実際には書店に送られてきたその日のうちに、一度も棚に並べることなく返品される本も多いようです。昨今の新刊書の返品率は40%前後といわれています。
常備寄託は、出版社が作ったセットを丸ごと一年置いて、売れた分だけ補充して支払いする仕組 みです。たとえ書店に並んでいる本であっても、帳簿上は出版社の在庫としてカウントされます。

古本屋に向いた土地

いい土地というのは、土地そのものがいいのではありません。周りに何があるかによって、土地の価値が決まります。古本屋をどこで開くかは不動産の知識も必要です。周辺の商店を見てください。  まず、ほかの業種の店には向いてないが、古本屋にだけは向いている場所などというのはありま せん。古本屋は本を売るだけではなく、本の買い取りもするので、買い取りに向いた場所がいいです。 普通の小売店は、よほどの大型店でないかぎり、徒歩で来るお客様を相手に商売をしています。 車での来店があるのは、郊外のスーパーマーケットやショッピングセンターなどの大型店舗だ けです。しかし、本を売りにくるお客様は、小さな古本屋を訪れる場合でも、しばしば車でやってきます。なぜなら大量の本を手で持ってくるのはたいへんなので、車に積んで運んでくるのです。したがっ て、車が進入しやすく、店の前に停めて本の積み降ろしができるくらいの余裕がある場所が、店の立地としてもいいでしょう。

費用対効果

ある程度の古本屋の規模があってはじめて、流通にかかるコストを下げていくことができます。ある程度の古本の冊数がなければ、費用対効果の点で見合わなくな ってしまいます。そこで、数百冊以上なら出張しますという話になるわけですが、大量の本を買い 取るためには、それ相応の器を用意しておかなければなりません。これも経費がかかります。 さらに、古本に関する知識をいくら豊富にもっていたとしても、実際の現場で経験を積んでいかな ければ、それを生かすことはできません。やってみてはじめでわかることも多いはずです。